看護師の労働環境がきつく辞める理由になる

看護師の労働環境がきつく辞める理由になる

看護師の労働環境なのですが調査によると75%以上が夜勤がある働き方をしているというデータがあります。

何交代制なのかによっても違うわけですが2交代勤務では16時間くらいになります。

3交代制であれば夜から朝までという程度にはなるのですが、2交代ですと次の昼までくらいは平気で勤務していなきゃいけないことになりますのでかなり厳しいです。

体力的に看護師が辛いという部分が実はここに多く集約されていると言っても過言ではないです。

昼勤のみ、という人は20%弱ぐらいしかいないと言われているのでそれだけで働くというのは難しかったりします。

ここで悩んでいる看護師さんが多いわけです。

しかし、これはもはや看護師である以上避けることができないような勤務形態とも言えますので夜中やっていない町医者とかそういうレベルのところで働かない限りは厳しいです。

また、当然ですが介護施設などでも夜勤というのは存在しているわけですから病院ではないところで働いたとしてもなかなか下げることができない働き方となってしまうわけです。

しかし、探せばまったくないわけです。ですが、

そうなりますと給金の相場が結構下がってしまうことになりますから注意しておきましょう。

きつくても転職先が見つかるまで辞めないことが大切

看護師の転職の理由というのは本当に様々です。

人手が足りていないので自分に対する負担があまりにも重いので違う所にしたいということもあるでしょうし、キャリアアップの為に、と言う事もあります。

色々な経験をしてみたいという人も看護師も中にはいるわけですから特に医療関係者は一つの所にこだわるよりは複数のところで経歴をするということで、より高いステップに行くことができたりしますから、それは実に魅力的なことではあります。

看護師の転職活動期間はどのくらいであるのか、といえば少なくとも1か月以上は見ておいた方がいいです。

それでも3ヶ月かかるということはほとんどないといっても過言ではないです。

そんなに早いのかと思うかもしれませんが一般企業への内定を取るためには少なからず3ヶ月必要と言われているのですが、看護師のような資格職の場合面接を何回もやるということが殆どないので、かなり早く次の仕事先を決めることができるようになります。

ここで注意したいのはあくまで次の転職先が見つかる前に今の仕事を辞めてしまわないことです。

これが地味に大事なことです。

但し、看護師であれば次の仕事を見つけることにそんなにスパンが空く事はないでしょうから、極端に心配することではないです。